2014年08月23日

4. 認知症の症候学:総論

中核症状4.png
「認知症」の診断基準となり必ず見られる症状です。脳の変化に伴う症状なので、通常進行性であり、根本的治療法が未だないので、あまり回復は期待できません。なので、中核症状についてとやかくとがめたり励ましたりしても、なかなか事態は解決しません。

周辺症状
認知機能の低下によって起こる精神症状や問題行動で、人によって現れる場合と現れない場合があります。認知症の中核症状がみられた時に、能力低下に合わせて生活環境をうまく整えないと、適応障害として二次的にこれらの症状が現れるのです。BPSD (behavioral and psychological symptoms of dementia; 認知症の行動心理学的症候)ともいい、薬物治療や心理社会的アプローチで改善する余地があります。ただし、背景となる中核症状が進行性であるために、これらの症状もなかなかすっきりとは解決しません。
なお、病型によっては、周辺症状として挙げているこれらの症状が、脳の変化によって一次的に現れることがあります。例えば、幻覚(幻視)はレビー小体型認知症の診断基準の一つですし、前頭側頭型認知症では前頭葉機能障害により、介護への抵抗、攻撃的行動が出現する場合があります。脳の変化から直接つながる症状であっても、薬物治療や心理社会的アプローチでより適応的な行動に変化させられるように、あきらめずに対応することが必要です。
posted by 御所ヶ谷HC at 13:04| Comment(0) | 認知症の症候学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: