2014年08月23日

5. アルツハイマー型認知症の症候学

アルツハイマー型認知症は「老人斑」や「神経原線維変化」が見られる神経変性疾患で、他の病型との合併例を合わせると、認知症の6割近くを占める病型です。

βアミロイド蛋白や5_1.pngタウ蛋白が異常に蓄積して神経細胞の変性が起こります。特に「海馬」周辺から変性が進行するのが特徴です。右のMRI断層写真では、アルツハイマー型認知症の症例で海馬(赤矢印)周囲の脳萎縮が顕著です。







右の写真は、5_2.png「老人斑」の顕微鏡写真です。特殊な染色法で、神経細胞の近傍に染みのような老人斑が散在している様子が観察されます。脳内にもともと存在する「βアミロイド蛋白」が異常に沈着してできています。








右の写真は、5_3.png「神経原線維変化(NFT)」の顕微鏡写真です。神経細胞の中に、異常な構造に変化した「タウ蛋白」が封入体として蓄積し、神経細胞が機能異常をきたして、脱落していきます。










アルツハイマー型認知症は、もの忘れと見当識障害が目立つ傾向があり、会話能力や社会性は比較的保たれて世間様の目をとても気にするので、「取り繕い」の態度が見られるのが特徴です。記憶障害を取り繕って話を合わせようとして、「作話」につながることがあります。置き忘れから、盗られたに違いないという思いこみにつながり、「もの盗られ妄想」や「被害妄想」に発展することもあります。下の図のように、海馬・側頭葉から頭頂葉にかけての機能障害が中心となりますが、どの部位の障害がどのような症状につながるのか、一つ一つ確認してみましょう。

海馬5_4.png
•記憶障害:新しい事柄を覚え込むこと(記銘、input)が困難。エピソード記憶の障害が特徴的で、出来事の細部だけでなく、どこで何をした、という出来事そのものを忘れてしまう。記銘そのものが障害されているので、ヒントを与えられても思い出せないことが多い。
昔の事柄を思い出すこと(想起、output)は比較的保たれるので、昔話には花が咲く。

•見当識障害:通常、「日時」「場所」「人物」の順で障害される。記憶のつながりが障害されるので、状況判断の連続性が妨げられる。例えば、「昨日息子家族が遊びに来てくれたから、仕事が休みだったということは日曜日で、なので今日は月曜日」などと記憶のつながりで今日の日付や曜日といった状況を把握するのに、記憶が曖昧になると、そもそも昨日息子家族が遊びに来てくれたという手がかりすら分からなくなるので、今日が何曜日という状況判断ができなくなる。


側頭葉
•健忘失語:言葉の記憶が即座に出てこなくなって、「あれ」「それ」といった指示代名詞が多くなる。


頭頂葉
•Gerstmann症候群(失算、失書、手指失認、左右失認):計算が苦手、字を書けない、指された指が分からない、左右が分からない。

•視空間認知障害:ものの形、空間的配置の認知力が低下して、時計の絵が描けない(clock-drawing test)、機械のスイッチ類の操作が困難になる。テレビやエアコンのリモコンを操作できなくなり、使い慣れたはずの携帯電話の操作に戸惑うなど、生活に支障が出てくる。「整理する」ことが苦手になるので、ものの置き忘れが更に増える。

•着衣失行:ボタンのかけ外し、袖を通すなど着脱衣が障害される。空間的認知障害が背景にあると考えられる。

•道順障害:方向感覚や目印の識別が困難になり道に迷いやすい。場所の見当識障害と相まって徘徊につながる。
posted by 御所ヶ谷HC at 13:03| Comment(0) | 認知症の症候学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: